は~い♪
皆さん元気ですかぁぁぁ!!


今日は昨日起こったボクの〇劇について報告したいと思います。

えっ?〇には何が入るかって???

では問題です。

次の本文を読んで、柴犬りんたろう君におこった出来事を表す言葉「〇劇」を次の文字「喜・悲・愛・惨」の中から選び完成させなさい。


では、始まり始まり~~~(今回はちょっと長いよん♪)




それはシルバァ~ウィ~ク明けの朝の出来事であった。

話は少しさかのぼるが、最近念願の圧力鍋なるものを購入し、普段なら時間がかかってなかなか作ってくれないような「骨付き鶏もものぶつ切り甘辛煮」や「とろ~り豚バラ肉と大根の煮込み」やら、いつもなら半日煮込む「うまうまカレー」などを機嫌よく作っていた母さんは、シルバァ~ウィ~クの最後を飾るかのように「豪華で安価!スペアリブのマーマレード風味♪」なるものを作ったのだ。

それまでは美味しそうな匂いだけでなかなかボクの口にまで到達しなかった食べ物が、ようやくボクのお皿にやってくる気配。

しかし、やってきたのはすでにほろほろとはがれるお肉が食べつくされた
まさに「骨だけ」状態のスペアリブのなれの果て(;一_一)

しかし、しっかり味のしみ込んだこの「骨だけ」も、考えようによっちゃカルシウム満点の「マーマレード風味のボーン♪」と思えばかなり嬉しい(^◇^)


ボクはご自慢の顎と歯でバリバリ噛み砕いて、この「マーマレード風味ボーン」を堪能した。

しか~し「ドケチ道においては右に出るものがない!」

と言われる母さんが大盤振る舞いをするはずもなく、まだまだあるはずの「マーマレード風味ボーン」はさっさと冷蔵庫にしまわれたのだ。



でも、一気に食べてもウンPとなって出ていくだけなら、数回に分けて楽しむのも悪くない。

2日ぐらいは少し風味は落ちても「マーマレード風味ボーン」を楽しめるはず。

しかも、いつものご飯の上におまけとしてのっかって来るんだからご飯の時間が待ち遠しくって仕方がない。


そうこうするうちにこの事件が起こったのだ。




いつもはボクがガリガリと噛み砕くのを確認してから家に入る母さんが、この日は仕事に行く日で朝から忙しくってちょっと家の中に入ったんだ。

ボクはそんなこと気にせずいつものようにガリガリと「マーマレード風味ボーン」の歯ごたえを楽しんでいた。

ところが、ところが・・・



ハガァッ!!

一体どうなったんだ!!




く・口がしまらへん\(゜ロ\) (/ロ゜)/

えらいこっちゃ~~~!!




母さんが出てきたときにはボクはすっかり錯乱状態。

口に手を入れようにも悲しいかなワンコの前足構造ではむなしく口の周りをなでるくらいで、どうしようもない。


ボクの異常なほどのえらいこっちゃの舞をみてびっくり仰天したのは母さんだ。


「これは普通じゃない! もしかしたら骨が歯茎に刺さったのかもしれへんわ!!」と、すぐにボクの口の中を点検した。



ゲッ!!(ーー゛)


いったい何で・・・


どないしよ・・・




かなりひるんでる様子がなんとなくわかるもののそれどころじゃないボク。





どうなってたかって?



こうなってたんやぁ~~~(号泣)


IMG_サイズ変更




一体どんな食べ方をしたらこうなるのか、今となってはボクも理解に苦しむんやけど、

上顎の奥歯と奥歯の間に突っ張り棒のように挟まった「マーマレード風味ボーン」・・・


歯茎になにか挟まった。

なんて生易しい状態やないでぇぇぇぇぇ。。




しかも時間はまだ7時。

動物病院が開く時間までまだ3時間もあるやんかぁ(-_-メ)


しかし、ボクの状態は3時間どころか3分もこんなことしてられへんほどえらいこっちゃの舞の熱演や!!(泣)



そこで意を決した母さん。

なんとゴム手袋に軍手を二枚重ねし始めた。




そしておもむろにボクの首輪を左手でガッシリつかみ、軍手二枚重ねの右手を

な・なんと

ボクの口にグイッと突っ込んだんやぁぁぁ!!



もちろんボクも抵抗したで。

「マーマレード風味ボーン」(しつこい^^;)は上顎に引っ掛かってる上に、母さんの右手が口の中に突っ込まれた日にゃ地獄の閻魔さまだって目を白黒させて暴れるはずや!


しかし、ボクの母さんはこの時閻魔様より肝が据わってた。



「噛んでもええからじっとせんかい!!」

とこれまた閻魔様でもおしっこちびりそうな迫力でボクを抑え込んで、口の中から「マーマレード風味ボーン」(もうええっちゅうねん^^;)を取り出したんや。



ホッとしたボク。



髪を振り乱し放心状態の母さん。



で、ボクの口からポロリと落ちた「マーマレード風味ボーン」。



母さんが拾うより一瞬早く、ボクはまた口の中に入れちゃった。

で、今度はぼくなりに気を付けてバリバリ噛み砕いて今度は無事に胃袋の中に掘り込んでやった。


えっ?口の中は大丈夫やったんかって???


もちろん!!

ぜんぜんどこもけがしてなかったみたいで、その後も残ってた朝ごはんをきれいさっぱり平らげたで(=^・^=)


はぁ。。

しかし、なんでもガッツイテ食べるってのも考えもんやなぁ。

で、最後に残った「マーマレード風味ボーン」はどうなったかというと、


母さんが金槌で砕いて食べさせてくれました(*^。^*)


これだとまさか口の中でつっかえ棒^^;てなことにはならないからね。


ってことは、初めからちょっと手を加えておいてくれたらこんなことにはならなかったんちゃうん<(`^´)>



とも思ったけど、喉元過ぎれば熱さ忘れる」なんて言葉もあるし、

今回は母さんとボクの痛み分けってとこかな~~~(なんか違うような気もするけど。。)


ただ、こんどからはもうちょっとお上品に食べなあかんと、その時はちょっとだけ反省したボクちゃんでした(^◇^)


チャンチャン♪



IMGP4961_サイズ変更



なんて、りんたろうは言ってますが、実際はもうちょっとどころか、かなり深刻&真剣モードでした。

だって、あのまま何時間もほっといたら、それこそ体力消耗でぶっ倒れちゃうじゃないですか。
となると、殺るやるのは私しかない。

かなり混乱してる柴犬の口に手を突っ込む・・・

これってかなり勇気がいりますよぉ(;一_一)

へたすりゃこっちが殺られるやられるかもしれない。。


だって、この骨金槌で砕いたもののかなり硬かった。
その骨をバリバリ噛み砕いて食べちゃうような頑丈な顎と歯をりんたろうは備えてるってことなんですよ。

マジで本気ガミされてたらこっちが病院に直行だったかもしれない・・・
(今考えると素で真っ青ですわ。。)



でも、そんなことじっくり考えてる暇なんかなかったんです。

知らない人が見たらかなりやばい光景だったかも。




ほんま、ポロンと取れた時はへなへなと力が抜けてしまいましたわ。


皆様、スペアリブの骨を与える時はくれぐれもお気を付けくださいませ。

って、こんなことするの私だけ・・・(=_=)
スポンサーサイト
2009.09.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://rinntarou.blog82.fc2.com/tb.php/155-07ad4f75