どれくらいたっただろう。
やっとおばちゃんのお家に着いたみたい。
車のドアを開けてくれたので、ボクは勢いよく飛び降りた。
おばちゃんは大声でおじちゃんとお姉ちゃんを呼んで、ボクを紹介していた。
「わあっ、びっくりした!
今日連れて帰ってくるて思えへんかったわ。
きれいな子やね。
可愛い顔してる。」

へへっ。
なんかみんなボクを褒めてくれてるみたい。
うれしいなぁ。


おばちゃんは門を開けてボクを中に入れてくれた。
おばちゃんのお家は広いお庭があった。
ボクはリードをはずしてもらって、あちこちマーキングしてまわった。

マーキング


さあ、お家の中はどんな感じかな?
玄関のドアが開いたから、さっそくお家に入った。
「こらこら、ちょっと待ち!」
ボクは不意に首輪をつかまれた。
「???」
こんなこと初めてだった。
「家に入ったらあかんやん。」
「??? おばちゃん、何言ってるん。」
ボクお家に入りたいんだよ。
今までだってずっとお家の中で暮らしてたんだから。
マナーだって完璧なんだよ。


でも、おばちゃんはお家には入れてくれなかった。
「うちの子になったら、今日からはお庭で暮らすんやよ。
すぐに慣れるからね。」


ええっ!!
そんな話聞いてない!
庭で暮らすって・・・
ボク2,3日お泊りに来ただけじゃないの?
今日からうちの子って・・・
そんなバカな!!

ボクは頭の中が真っ白になった。


落ち着け。
落ち着いて、もう一度考えてみよう。
そういえば、おばちゃんは一度もボクの名前を呼んでくれてない。
ボクの名前、知らないの?

ボクはだんだん不安になってきた。
ボクこれからどうなるの。
知らない人たち、知らない場所。
雨はまだしょぼしょぼ降っていた。

でもどう考えてもなるようにしかならない。
ポジティブ志向のボクはとりあえずおばちゃん家の庭を探検することにした。
おばちゃん家の庭はいろんなお花が咲いてるんだ。
探検

ボクより背の高いお花もいっぱいあって、かくれんぼにちょうどいいや。
クンクン匂いをかいで、ついでにボクの匂いも付けとこっと。


しばらくするとおじちゃんとおばちゃんが一緒に出てきた。
あっ、いつものリードを持ってる。
散歩だ!!
やった~~~!
ボク、散歩が大好きなんだ。
雨もやんだみたいだし、一緒に出かけ見よう。

雨上がり


その時「りんたろう」って言葉が聞こえた。
「りんたろう」ってなんだろう?
ボクに言ってるみたいだけど、
ボクの名前はそんなんじゃないよ。


「りんたろう」 「りんたろう」 「りんたろう」
おばちゃんもおじちゃんも、お姉ちゃんもお兄ちゃんもボクの方を見て「りんたろう」って呼んでる。
へんなの。
ちゃんとボクの名前を呼んでくれないなんて、
もしかしてみんな知らないのかなぁ。
ママちゃんに教えてもらわなかったのかなぁ。
ボクは「りんたろう」って呼ばれても知らん顔をすることにした。


次回に続く

使用している写真は2年前のものだよ。
ねっ、若いでしょ(^_-)-☆
スポンサーサイト
2008.08.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://rinntarou.blog82.fc2.com/tb.php/36-32bc0433