上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こうして、ボクはいつの間にか母さんちの子になっていた。
今では「お庭番」って立派な?肩書きまでもらって、しっかりお留守番もできるんだ。
って、ここだけの話、ほんとはほとんどゆったりまったりくつろいでるんだけどね。

えへへ


ボクは2歳7か月の時に母さんちの子になった。
母さんはあまりボクを甘やかさないし、特別なことなんて ほとんど たまにしかない。
しょっちゅう遊んでくれたり、これでもかってくらいかまってくれたりするわけじゃない。
でも、なんでだろう。
ボクはこのゆる~~~い生活が結構気に入ってるんだ。


お庭番


お・し・ま・い(=^・^=)
写真は当時のものです。



こうしてりんたろうは我が家に無事ソフトランディングできました。
でも、この文はりんたろうの言葉を借りて私の気持ちを書いたもので、りんたろうの本当の気持ちはわかりません。
室内犬から庭飼い犬へと環境が激変し、本来なら感じることのなかったストレスもいっぱいあったでしょう。

幸いりんたろうは性格が穏やかで順応性が高かったため、大きなトラブルもなく我が家の家族として溶け込めましたが、今までとっても可愛がられていたはずの子がほんとうにこんな飼い方でいいのかと、私も何度も考えました。

犬にとって一番の幸せは、最初に出会った家族のもとでいっぱい愛情を受け、一生を終えることではないでしょうか。

それに、里子に出されたすべての犬が里親さんに引き取られ第2の犬生を歩めるとは限っていません。
昨日まで信じていた家族に突然見放され、引き取り手もなく捨てられたり、処分されていく犬たちもたくさんいます。
犬にも命があります。心があるのです。
たった10数年しか生きられないんです。
大きくなったから、可愛くなくなったから、年をとったから、病気になったから、流行じゃなくなったからといって、犬たちを見捨てないでください。

犬たちが最後に目を閉じるとき、その目にうつるのがその子の家族であることを心から願います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
2008.08.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://rinntarou.blog82.fc2.com/tb.php/41-a38609cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。