上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
秋晴れの週末、みなさんは楽しい時間を過ごされたんじゃないでしょうか。

私はこの絶好の行楽日和の週末はどっぷり仕事でした。

それだけでも「はぁ~」っとテンション下がってたのに、
土曜日の朝一番、それ以上にテンションダダ下がりの出来事があったのです・・・


そう、タイトルにあるように
もうすぐ一年になろうかという私のiphone5s水没事件が起こったのです。


以下、このiphone5s水没事件およびその顛末に関してのレポートです。

今後同様の事件が起こって、誰かの参考になることもあるかと思いますので、
水没後どのような処置をしたのか書いときますね。


今回は画像なしで、とっても長文です。
私には関係ないわ~~~♪
という方はスルーしてくださいね。




事件が起こったのは寝ぼけ眼で起きてきた朝一番でした。

いつもならiphone5sを机に置いてからトイレに行くのに、
その日は何を考えてたのか、いや、な~んも考えずに無意識のうちにパンツの後ろポケットにIN


そしてトイレに入った時にポチャンという音で意識が完全に目覚めました。

振り返ると便器の中に紛れもなく私のiphone5sが沈んでる!!


①迷わず手を突っ込み、水の中からiphone5sを救出。
    おそらく一秒もたってなかったと思います。

②トイレに掛けていたタオルでくるんでとりあえず周りの水分をとる。
    用を足す前の水でよかった~  なんて意識もなかったですね。

③カバーを外す。
    この時焦っててうまく外せず、カバーの一部破損。
    

この時電源をOFFにせなあかんやろ!
っと思いながら、電源OFFにすることでショートするかも!
っと思ったり、とにかく焦りまくってるとボタンを押してしまったのか電源が入ってしまいひぇ~~~(泣)


④イヤホンジャックやDockコネクタなどに入っている水をとるため、ティッシュの上でトントンと軽く揺らす。
   後で調べると絶対振ってはいけない!と書かれてました。中に入った水が無駄に広がるからだそうです。
   
⑤ティッシュでこよりを作り、イヤホンジャックやDockコネクタなど水が絶対入ったと思う個所の水分を丁寧にぬぐう。

⑥アルコール除菌をする
   落ちた場所が使用前とはいえ便器の中ですから^^;
   

水入ってるよね。
水没したんだから。
でも、もしかしたら奇跡的に大丈夫かもしれない。
液晶も全然滲んでないし。
ちょっと試してみてあかんかったら修理しかないよね。
いや、どうせ修理に出すんやからダメもとで試してみるか。

やってはいけないと思いつつ、もしかしたら大丈夫かもという気持ちが勝ってしまい電源を入れてみた私。


あれっ。
全然いけてるやん。
電話をかけてみる。
ちゃんとつながるやん。
マジ、大丈夫かも。

カメラで写真を撮ってみる。
小気味いいシャッター音。
自分撮りもしてみる。
あら~、ちゃんと写ってるし。


そんな時、「iPhone水没」でググってくれてた家族が
「お母さん、SIMカード抜かな!!」


⑥慌ててSIMカードを抜く。
   保護カバーをしていたからか、水没後の救出が早かったからか、SIMカードはどうやら無事みたい。
   
⑦SIMカードを挿入し、電源をOFFにし出勤。

⑧仕事の傍ら、倉庫の除湿器を作動させ、その前にiphone5sを1時間半ほど放置し乾燥させる。

⑨バックアップは最近したところなので、電源をOFFにしたまま帰宅。
さらに乾燥させるため海苔などに入っている強力乾燥剤3個とiphone5sをジップロックに入れ丸一日放置。




そして恐る恐る電源を入れてみたら・・・


やった~~~!!

ちゃんと動くよ~~~




何とか復活しました。


よかったです^^

後でわかったことですが、SIMカードを抜いた本体部分に水没反応シールなるものがあり、
そこが赤くなってたら水没決定なんだそうです。
私の場合、ラッキーにも白いままだったので、この部分には水が入っていないことが目視で確認されました。


でも水没したのは紛れもない事実。
いつ不具合が発生するかは神のみぞ知るですが、
せめてあと一年ちょっとはもってほしいです。




とりあえず復活はしましたが、私の場合ラッキーがいくつかあったと思います。

まず、水没したのが水だったこと。
水没からの救出時間がおそらくとっても短かったこと。
水没したのが自宅で、しかも早起きしていたので出勤時間までの時間があり、焦りながらも余裕をもって処置できたこと。
職場に除湿器がありその日はたまたま除湿器のある場所で仕事ができたこと。
SIMカードが濡れていなかったこと。
捨てずにあった強力乾燥剤がたくさんあったこと。


以上がiphone5s水没から復活までの経緯です。
参考になりましたでしょうか。

皆さんも、水没にはどうか気を付けてくださいね。

えっ?こんなあほなことするのって私だけ?

あ~~~、また自虐ネタになってしまったわぁ・・・


長文にお付き合いいただきありがとうございました。










スポンサーサイト
2014.10.20 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。