今日は朝から雨です。

うっとおしいったら。。

なので、せめて写真だけでも秋の澄み切った青空をお届けしましょう♪


公園に咲いている「メキシカンブッシュセージ」です。

ビロードのような紫色のガクに白い花をつけ、紫水晶のような色合いから「アメジストセージ」とも呼ばれています。

メキシカンブッシュセージ

これは何と言う実でしょうか?

いかにも秋らしいオレンジ色の実が青空に映えていました。


秋の実

そして、

その近くでは

秋色の新作毛皮をまとったお方が放牧されていました。

放牧

のんびりと草のチェックをしているりんたろう。

その毛皮は秋の新作らしく毛足はまだ短かめでボリュームにかけますが、

その分軽やかなステップで草のステージを駆け回っております♪


放牧♪


今日のおまけ(本題)は  こちらからよ~♪
秋らしい話題でっす^^


秋といえば

味覚の秋! 食欲の秋!!



そしてここには都合よく先週末いただいたです♪

さて、どのようにして食べようかしらん^^


栗


いつもなら茹でてスプーンですくって食べるんですが、

この週末は何の予定もなく時間があるし。。

「栗ごはん!!」の声はあっさり無視し、

以前から気になっていた「栗の渋皮煮」に初挑戦をすることにしました!!




まず最初の難関は栗の皮むきです。

熱湯につけ鬼皮を柔らかくして、渋皮を傷つけないように剥く。


説明はすごく簡単。。

しかし、これがとってもつらい作業なんですよね~

剥き始めて50分。。


で、剥き終ったのがこれです。


栗渋皮付き

この時点で、すでに親指の爪は悲鳴をあげ、指先はぼろぼろになってました(@_@;)



そしてこのあと灰汁を抜くなどの作業を繰り返していくのですが

詳しい作り方は「栗の渋皮煮」のサイトをご覧くださいマセ(^◇^)


で、一晩シロップに漬けて寝かせ、

出来上がったのがこれ!!

栗の渋皮煮


程よい甘さのシロップ(ブランデーがなかったのでラム酒で香りづけ)が栗の中に滲みこんで

やわらかく煮込まれた栗の甘みがお口の中に広がって、

と~~~っても美味しゅうございました(*^。^*)



ただねぇ。。

かなりの時間を費やして、食べるのは一口で終了。。

確かにおいしい!!

でも、なんか達成感が少ないように思うんです。


それにねぇ、大量に残ったシロップをどうすべぇ(;一_一)


で、ネットで調べたら、

寒天で固めると羊羹もどきになるとのこと♪

よっしゃ!!

寒天買いに行くぞ~~~(^◇^)


「栗の渋皮煮」は二度楽しめる!!


お暇なあなた、ぜひお試しあれ♪



スポンサーサイト
2008.10.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://rinntarou.blog82.fc2.com/tb.php/58-6dad34aa